くもりガラスが割れたときの対処方法・修理方法

強固な素材を使用しているガラスは劣化をすることはほとんどありませんが、くもりガラスは一般的なガラスよりも割れやすい性質があります。掃除をしていたら割れたといったように、ちょっとしたことでも割れてしまうことがあるのです。割れたガラスをそのままにしていては見栄えが悪いし、防犯上もよくありません。では、くもりガラスが割れたときにはどのように対処をしたらよいのでしょうか。

まずは掃除をする

ガラスの破片をそのままにしていると、足の裏に刺さるなどする危険性があるため、くもりガラスが割れてしまったらまずは掃除をします。掃除をする際には身を守るために、厚手のスリッパまたは靴、軍手を着用します。ガラス片を入れるためのゴミ袋を用意し、袋の中にはガラスによって袋が破けないように新聞紙を入れておきます。大きな破片は手でつまんで片付けます。小さな破片はまだ残っているので、ホウキとチリトリを使って片付けます。掃除機を使用するとガラス片で掃除機のホースを傷つけてしまう恐れがあるため、ホウキとチリトリを使用してください。最後にウエスや雑巾を水で濡らして拭き取ります。拭き取ったものにはガラス片が付着していて危険なので、そのまま捨てます。毛足の長い絨毯などの上にガラスが散らばってしまった場合は、ガムテープを使ってテープにくっつけるようにしてガラス片を取り除きます。最後に掃除機をかけます。ゴミを出すときには、新聞紙に包んでビニール袋に入れて「ガラス 危険」などと目立つように書いて、ゴミ収集日に出します。

自分で修理をする

くもりガラスの割れた範囲が直径5mm以下であれば、自分で応急処置ができます。簡単なのは、ガムテープを貼っておくことです。割れた部分にガムテープを貼り、破片の飛散を防ぎます。使用するガムテープは、紙製よりも布製が望ましいです。しかし、直射日光が当たる場所では粘着成分がドロドロになってしまうことがあります。ヒビが入っている程度の小さな傷なら、ガラスリペアキットを使用して修理することも可能です。製品によって使用できないガラスがあるので確認をしてください。これらの修理方法は応急処置的なものです。そのままにしていると破損がひどくなる恐れがあるため、修理を依頼しましょう。

修理を依頼する

修理を依頼するとなると費用が気になると思います。修理費用はガラス本体、出張費、既存のガラス処分代、ガラス運搬料などによって決まります。そのため、業者によってくもりガラスの修理費用は異なります。見積もりを出してくれることがほとんどなので、まずは見積もりを出してもらいましょう。見積もりは無料のこともあれば、料金がかかることもあります。知らずに見積もりをお願いしてしまうと「修理をしていないのに費用をとられた」ということになってしまうので、見積もり費用についても確認をしておきましょう。業者を選ぶ際にアフターケアがあると安心できます。

まとめ

くもりガラスは一般的なガラスに比べて割れやすく、掃除をしたり、強風が吹いたりすることで割れてしまうことがあります。割れたガラスをそのままにしていると危険なので、適切な対処をしましょう。まずはやることは掃除です。小さな破損であれば自分で応急処置が可能です。しかし、ガムテープなどで補強しただけでは危険なので、必ず業者に修理を依頼しましょう。当サイトのおすすめの業者は「ガラスの修理交換センター」さんです。サイト管理人自身も依頼した際にわかりやすい料金体系、とても丁寧な作業で非常に満足しました。お困りの方は一度問い合わせてみると良いでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする